はなを溺愛する日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


週末、獣医さんに行ってきました。
体重は1,920グラム!
20110712-1.jpg

今回は先生に、避妊手術について聞いてきました。
20110712-2.jpg

避妊手術をしなかった場合、子宮癌になる確率は80%だそう。(高くね!?)
でも、手術の時の麻酔で死亡する確率も高くて、1%なんだそうです。

20110712-3.jpg
こんな小さな体で手術なんてイヤだ!って思ってたけど、
癌になる確率があまりに高いので悩んでます。

でも、手術をするなら1歳までにということなので、
もう決めなきゃ・・・。

どうしよう~~~!!!

にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
応援ありがとうございます♪

はなはどうしたい?

スポンサーサイト

【2011/07/12 21:02】 | はなの日常
トラックバック(0) |


愛兎
したほうがいいよ。
うちの4代目の兎がそれだったから…。

最後に撮ったレントゲンの写真は、飼い主が平気で見れるものではなかったです。
真っ黒くて、どこもかしこも………。
さすがに両親でさえも絶句してましたから。←身内に癌で死亡した人ありでも。

それでも健気に生きてくれた前兎。今では感謝いっぱいです。
それを思うと、はなちゃんの手術薦めてあげたいです。

心配かもしれません。だからこそ、飼い主ができる最良のこと「医者」選びは慎重に行って下さいね。

PS.5代目兎をオスにした理由はそれです。。


-
はなままさん

うちの花音も、産まれた動物病院の先生に避妊手術をしてもらいました。たぶん2カ月齢位での手術だったともいます。里子にもらうときに自分からお願いしました。

生殖関連のガンの発生率を抑えるのもそうですし、毎年ただ繰り返すだけで絶対に子供を産めない発情にどのようなストレスがあるのかな、とも思います。。。避妊手術は絶対にするべきだと私は思っています。手術中も前後も死ぬほど心配ですけど(><)

以前、動物看護士をしていたので、色々な考えの方がいるのは百も承知なのですが、私はそう思っています☆


JIJIママ
私も避妊手術推奨派です。
と言っても、うちの子まだなんですが(1歳3ヶ月)、
先日、ペットホテルのオーナーさんに勧められました。
このままで後々後悔するより、今できることをやってあげたいな…と思いました。
今は暑いから、秋になったら手術するつもりです。
麻酔もこわいけど、子宮ガンの方がもっとこわい。
この子のためを思ったら、いますぐにでも・・・と思いましたが、
暑さもこわいので、涼しくなったら。

先日の、お友達ウサちゃんが亡くなったこととか、リアルタイムで似てる境遇なので、
一緒に乗り越えて行きましょう♪(^^)



旦那はつるっぱげ
手術をして痛い思いをする時間と
がんを患ってから耐えていく時間を比較すると
後者のほうがつらい気がします

はなままさんがお医者さんで聞いてこられた話では
100匹の子のうち80匹程度が子宮がんになる
手術の麻酔で死んでしまう子は
100匹の子のうち1匹程度
という話を聞いて、逆にちょっと安心しました

うちは飼いはじめるときから手術前提で飼い始めたところもあって、手術をすることへの迷いは特に感じていないのですが
麻酔が原因で死んでしまうことについての心配はそれなりにあったりしたんです
でも、その確立が1%ならそんなに心配することもないだろうと思えました。
ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます
-


はじめまして。
oppo
ミニレッキスを飼っていますoppoと申します。
 
表題の通り「決められない!!」気持ち、
本当によく分かります。
 
うちは2匹とも女子。
決められないまま時間は流れ、
長女は5歳となりました。
 
1歳を迎える頃にやはり悩みましたが、
よかれと思って選択した行為が
その命を奪う事にもなる事実…
「万が一」のその時の辛さを想像したら
勇気がでませんでした。
気が小さくてネガティブなんでしょうね。。。

そして、言い訳のように
「この子たちの運命にまかそう。一生懸命面倒みよう。」って
思ったのでした。(できてるかなー?)
 
たくさんの方の意見を聞けばきくほど、
迷いは深まるのではないかと心配です。

「絶対」が無いから迷うのですよね。
 
パーセンテージだけの問題ではなく、
ご自身がどうしてあげたいのかが1番です。
はなちゃんの事を心から想っている事は
はなちゃんも十分理解してくれていると思います。
 
どちらを選択されても、
応えてくれると思いますよ。
がんばって乗り越えてください。
 
長々とすみません。
では、また遊びに来ます。



のり@わんこ商会
苦しい選択ですよね、
わたしも(うしくんと一緒に買った雑種のメス)
悩みましたよ・・・・

頭では理解していても
<健康な身体にメスを入れる>
ことに抵抗があったこと。

安心して手術を任せられる技術を持つ
獣医さんが身近にいなかった。

もしかしたらガンにならずに天寿を全うしてくれるかも・・・

そんな思いで手術しないでズルズルと2歳になり。
妙にお腹がブヨブヨになったなぁ
太ったのかしら?
そう思ったら・・・・・腹水が溜まっていました。

車で(高速使って)1時間半の
「うさぎに詳しい」と言われる獣医さんに行きましたが手遅れでした。

それからいろいろ延命措置して、
何とか1年間生きたけど
やっぱり最後はつらそうでしたよ。

知り合いのうさぎさん(雑種・6歳)は
運がいいのか(?)発病せずに元気ですけどね。








コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
したほうがいいよ。
うちの4代目の兎がそれだったから…。

最後に撮ったレントゲンの写真は、飼い主が平気で見れるものではなかったです。
真っ黒くて、どこもかしこも………。
さすがに両親でさえも絶句してましたから。←身内に癌で死亡した人ありでも。

それでも健気に生きてくれた前兎。今では感謝いっぱいです。
それを思うと、はなちゃんの手術薦めてあげたいです。

心配かもしれません。だからこそ、飼い主ができる最良のこと「医者」選びは慎重に行って下さいね。

PS.5代目兎をオスにした理由はそれです。。
2011/07/12(Tue) 21:25 | URL  | 愛兎 #-[ 編集]
はなままさん

うちの花音も、産まれた動物病院の先生に避妊手術をしてもらいました。たぶん2カ月齢位での手術だったともいます。里子にもらうときに自分からお願いしました。

生殖関連のガンの発生率を抑えるのもそうですし、毎年ただ繰り返すだけで絶対に子供を産めない発情にどのようなストレスがあるのかな、とも思います。。。避妊手術は絶対にするべきだと私は思っています。手術中も前後も死ぬほど心配ですけど(><)

以前、動物看護士をしていたので、色々な考えの方がいるのは百も承知なのですが、私はそう思っています☆
2011/07/12(Tue) 21:42 | URL  |  #-[ 編集]
私も避妊手術推奨派です。
と言っても、うちの子まだなんですが(1歳3ヶ月)、
先日、ペットホテルのオーナーさんに勧められました。
このままで後々後悔するより、今できることをやってあげたいな…と思いました。
今は暑いから、秋になったら手術するつもりです。
麻酔もこわいけど、子宮ガンの方がもっとこわい。
この子のためを思ったら、いますぐにでも・・・と思いましたが、
暑さもこわいので、涼しくなったら。

先日の、お友達ウサちゃんが亡くなったこととか、リアルタイムで似てる境遇なので、
一緒に乗り越えて行きましょう♪(^^)
2011/07/12(Tue) 22:28 | URL  | JIJIママ #uAFfIVDc[ 編集]
手術をして痛い思いをする時間と
がんを患ってから耐えていく時間を比較すると
後者のほうがつらい気がします

はなままさんがお医者さんで聞いてこられた話では
100匹の子のうち80匹程度が子宮がんになる
手術の麻酔で死んでしまう子は
100匹の子のうち1匹程度
という話を聞いて、逆にちょっと安心しました

うちは飼いはじめるときから手術前提で飼い始めたところもあって、手術をすることへの迷いは特に感じていないのですが
麻酔が原因で死んでしまうことについての心配はそれなりにあったりしたんです
でも、その確立が1%ならそんなに心配することもないだろうと思えました。
ありがとうございます。
2011/07/17(Sun) 15:36 | URL  | 旦那はつるっぱげ #vS/RWfqI[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/17(Sun) 23:14 |   |  #[ 編集]
はじめまして。
ミニレッキスを飼っていますoppoと申します。
 
表題の通り「決められない!!」気持ち、
本当によく分かります。
 
うちは2匹とも女子。
決められないまま時間は流れ、
長女は5歳となりました。
 
1歳を迎える頃にやはり悩みましたが、
よかれと思って選択した行為が
その命を奪う事にもなる事実…
「万が一」のその時の辛さを想像したら
勇気がでませんでした。
気が小さくてネガティブなんでしょうね。。。

そして、言い訳のように
「この子たちの運命にまかそう。一生懸命面倒みよう。」って
思ったのでした。(できてるかなー?)
 
たくさんの方の意見を聞けばきくほど、
迷いは深まるのではないかと心配です。

「絶対」が無いから迷うのですよね。
 
パーセンテージだけの問題ではなく、
ご自身がどうしてあげたいのかが1番です。
はなちゃんの事を心から想っている事は
はなちゃんも十分理解してくれていると思います。
 
どちらを選択されても、
応えてくれると思いますよ。
がんばって乗り越えてください。
 
長々とすみません。
では、また遊びに来ます。
2011/07/25(Mon) 23:19 | URL  | oppo #zEcCmb/Q[ 編集]
苦しい選択ですよね、
わたしも(うしくんと一緒に買った雑種のメス)
悩みましたよ・・・・

頭では理解していても
<健康な身体にメスを入れる>
ことに抵抗があったこと。

安心して手術を任せられる技術を持つ
獣医さんが身近にいなかった。

もしかしたらガンにならずに天寿を全うしてくれるかも・・・

そんな思いで手術しないでズルズルと2歳になり。
妙にお腹がブヨブヨになったなぁ
太ったのかしら?
そう思ったら・・・・・腹水が溜まっていました。

車で(高速使って)1時間半の
「うさぎに詳しい」と言われる獣医さんに行きましたが手遅れでした。

それからいろいろ延命措置して、
何とか1年間生きたけど
やっぱり最後はつらそうでしたよ。

知り合いのうさぎさん(雑種・6歳)は
運がいいのか(?)発病せずに元気ですけどね。






2011/08/07(Sun) 14:55 | URL  | のり@わんこ商会 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。